高野保光のコラム


by u-kuukan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

庭のある春

昨年竣工した「千駄木の家」の奥様から、先日こんな
嬉しいメールが届いた。

『こんにちは。
庭のある春とは、こんな素敵なものとは・・・
思った以上でした。冬枯れていた枝先から若葉が溢れ出て
「ぐいぐい」と音がしそうなくらいです。
素敵なお家とお庭をありがとうございます。』・・・と。

奥様の言葉は、まるで新緑の林の中で木洩れ陽を浴びているような
幸せな心持ちにしてくれました。

f0012852_15162853.jpg
もうすぐ引き渡しの中野本町の現場では、ちょうどしだれ桜が満開でした。
ここでも奥様に、「今、しだれ桜がとっても綺麗なんです。」と、母屋のお庭を案内していただきました。
その桜の木は老木で今年の雪の重みに耐えられず折れている枝もありましたが、その枝にも多くの花を咲かせていて、その生命力にも驚かされ、しばし時間を忘れこぼれ落ちそうな満開の桜を見上げていました。


f0012852_15163444.jpgそして今日は大泉で敷地調査。解体する家と庭を見てきました。解体する家の瓦や敷石、大谷石などは新しい家でも使ってみたいと思っています。そして、立派なモミジやサルスベリの木などを残したいという、ご両親のお話や奥様のご希望を聞きながら、やはり日本の家は庭と一体だと再確認しました。帰り際、母屋の庭にあったポンテローザという種類の大きなレモンを2ついただいて帰ってきました。




f0012852_15163724.jpg
大きな家にも、小さな家にも庭があり緑がある、そしてどの家も家族の日々の生活と寄り添っている。どんなに技術が進歩しても、日本の家は庭とそして家族と一体となったもので、これはきっと、これからもずっと変わらないものなのではないだろうか。





[PR]
by u-kuukan | 2014-04-11 19:03 | 日常