高野保光のコラム


by u-kuukan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:掲載誌( 29 )

建築ジャーナル

f0012852_11440203.jpg建築ジャーナル2015年2月号に、遊空間設計室が紹介されました。
「気になるあの人の事務所を訪ねて」というシリーズ2回目です。












15にわたる質問になんとか僕なりに答えました、是非ご覧下さい。
雑誌はスケッチだけの紹介ですが、実際はこんな感じです。
一階がメインの仕事場で、床は豆砂利洗い出し(床暖房で冬も快適)、
壁・天井はローラー塗りの左官材(自主施工、スタッフと塗りました)。
2階は打ち合わせ室と資料室があります。
こちらは、床はチークフローリング、壁・天井は一階と同じです。
f0012852_11421442.jpg f0012852_11421406.jpg

[PR]
by u-kuukan | 2015-02-02 19:07 | 掲載誌
建築知識ビルダーズ 2014 no.19に、縦露地の家が掲載されました。

f0012852_21021936.jpg


















f0012852_21021570.jpg

[PR]
by u-kuukan | 2014-11-26 21:04 | 掲載誌
f0012852_16121819.jpg和モダン vol.6 自然とつながる住まい」にOne-story house が掲載されました!

30歳代の若いご夫婦とサッカー少年、3人家族の平屋の住まいと美容室です。
東に向かって緩く傾斜した敷地の中央にほぼ四角の建物を配して、中庭を設けています。

この住宅各部と外部空間とのつながりについて書かせていただきました。

f0012852_16263633.jpgまた、縦露地の家渡辺篤史の建物探訪で紹介されます!
明日、テレビ朝日8月23日(金)朝4時半~ですが、そんな時間に誰が見てるのかな?という早朝です。
早起きが苦手な方は、是非録画で。
もうその時間にはとっくに目が覚めてるよ!(覚めちゃうよ!?)という方も、皆様ご家族で是非ご笑覧ください。

見逃した方はBS朝日10月12日(土)17時30分~をご覧ください。
[PR]
by u-kuukan | 2013-08-22 19:24 | 掲載誌

東村山の家

f0012852_19262314.jpgSUMAI no SEKKEI MAR./APR.2013 に「東村山の家」を掲載していただきました。
家中を回遊できる立体的で、おおらかな空間が広がります。
家事がはかどる動線としても紹介されています・
内外の空間がスキップしながら縦にも横にも外にもつながり、多様な表情を
見せてくれる、とても愛らしい住まいです!!
f0012852_1930134.jpg「気持ちいい居場所で過ごす家族を吹き抜け越しに見上げたり見下ろしたり、話しかけたり。まるで、家全体が一つの多きな部屋のようです。」(ご主人)

「キッチンと水回りが並ぶ動線、DKから物干にショートカットできる螺旋階段はすごく助かります。掃除も、最上階から一筆描きのようにルートができているから、以前のように掃除機を持って右往左往することがなくなりました。」(奥様)
是非、ご覧ください!!!
[PR]
by u-kuukan | 2013-01-26 18:34 | 掲載誌

庭と土間

f0012852_1957373.jpgささやかな平屋の家でしたが、子供の頃の僕の実家は、
家の真ん中に土間があり、通りを繋いでいました。
その土間には、毎日いろんな人がやってきて、
いろんなドラマも生まれました。
その空間は抑揚と陰影があり、
生き生きした日々の生活の場として、
社会と自然と私生活を繋いでいたように感じています。



f0012852_20112417.jpg
そんな思いを胸に設計した「成城の家」が、
新建築住宅特集2013年1月号に掲載されました、
ご覧いただければ幸いです。

P.166には「家づくり大賞」の作品募集の記事が掲載されています。
家づくりにおける隠れた配慮や努力を多くの方に伝えるため、家づくりの会が創設した賞です。
[PR]
by u-kuukan | 2012-12-20 17:47 | 掲載誌

One-story house

f0012852_2052473.jpg新建築住宅特集に「One-story house」が掲載されました。
僕としては、初めての平屋です。
また「つくり手とのコラボレーション」で、工務店との家づくり秘話?が紹介されました。
に近い生活は、やっぱり落ち着きますね。
それに比べると都内はほとんど舗装され、平らで、かなり抽象的な空間で暮らしているんだなと実感しました。

今も都内での仕事が多いのですが、どんなに小さな敷地であっても、土が踏める家である程度の凸凹を認めながら、光や風を感じて生活ができるごくごく当たり前の家を作りたいと考えています。
[PR]
by u-kuukan | 2012-10-20 18:04 | 掲載誌
f0012852_2023523.jpg新建築住宅特集8月号の「つくり手とのコラボレーション」というコラム欄に『職人と建築家の対話に立ち会う』という記事を掲載していただきました。職人さんとの家づくりの話です。
今回は不定形な畳製作秘話?で次回?月号では、主に建具の話をご紹介していただくことになっています。
是非、ご一読ください。

f0012852_2091268.jpg

7月22日の『家づくりの会出張連続講座 in KAGURA』では、その狭小8坪コートハウスを中心に、緑豊かな都市型住宅のお話をさせていただきます。
席に限りがございますがご興味のある方は、是非お出掛け下さい。
[PR]
by u-kuukan | 2012-07-19 19:33 | 掲載誌
f0012852_1743649.jpg花水木の家』がSUMAI no SEKKEI NOV./DEC. 2011
巻頭実例特集「使えるキッチン、美しいキッチン」のなかで紹介されています。見た目だけでなく、
家族の使い勝手を考えて生まれた四角いアイランドキッチン

f0012852_17564712.jpgしっくり落ち着いていてスマートなキッチンなりました。
半地下のパン工房も紹介されました、楽しそうなパン作りの一こまもいい感じです。

f0012852_17573544.jpg編集部員が激論!「理想のキッチン&バスルームを探せ」のコーナーで花水木の家のキッチンとは対照的な、作り込まない「川崎市 H邸」のキッチンも紹介されています。

是非ご覧ください。
[PR]
by u-kuukan | 2011-09-24 17:04 | 掲載誌

サライ 2011年10月号

f0012852_18441476.jpg花水木の家』がサライ10月号に掲載されました。

この住いは、自然光や木々を渡る風、街路樹、庭の緑など自然の恵みを素直に取り入れ、オリジナルの四角いキッチンなど食の場を家族の中心とした視線と空間、四季のリズムが心地よく流れる、感性を刺激する住いになっています。


f0012852_18444968.jpg高い耐震性と断熱性、薪ストーブと太陽光発電・・・・・シンプルながら基本性能もバッチリ!!
立地環境家族のライフスタイルをイメージするとこのような空間が自然と形になりました。当たり前のことを丁寧に作った結果、省エネルギーの住環境を実現することが出来ました。
[PR]
by u-kuukan | 2011-09-12 18:01 | 掲載誌
f0012852_1031291.jpgワクワク住まいのヒミツを大解剖!
20人の建築家がつくる最高の住宅
千歳船橋の家を掲載していただきました。

家族がゆっくり穏やかに暮らせる静穏な空間
子供の感性を刺激する空間が、中庭で優しく繋がる住いです。
子供の成長を見守り、創造力をはぐぐむ場所を考え提案しています。
ワクワクする住いづくりが詰まった楽しい本になっています。

是非ご覧ください。f0012852_10143274.jpg
[PR]
by u-kuukan | 2011-09-09 10:04 | 掲載誌